キャッシング

キャッシングローンの良い例と悪い例

投稿日:

キャッシングローンには、あまり良くないイメージがついています。一般社会的には、借金するということが悪いことのようになっているからです。もちろんお金を借りなくて済むならそのほうがいいのですが、借金自体は悪いことではありません。

自分で事業を起こし社長になったとすると、どこからか誰からか資金を集めないといけなくなります。事業を継続して、さらに発展させるには、ネットサービスでもない限りは多くの人ととお金が必要になります。

効率を良くして、生産性を上げ、時間を節約するにはアイディアとお金が必要です。お金は、ブロックチェーンを用いたりして仮想通貨を作ることは可能ですが信用が必要で、その為の信用を得るにはここでも相当な人と時間とお金が必要です。

何をするにもお金からは避けては通れません。社長になれば借金は当たり前のことになります。

ただ、借金をするにも良い例と悪い例があります。先にあげた自分で事業をする例は良い借金ですが、何の目的も計画性もなく、ひたすら享楽に注ぎ込む為の借金は悪い例の典型です。

みんなが新しい服を買っているのでファッションにお金を使いたい、前々から気になっていた美味しそうな店がオープンしたのでどうしても高そうだが食べに行きたい、行きたい国があるので無理してでも海外旅行に行ってインスタ映えする写真を取りたいなど、これらの為にする借金は悪い借金の典型です。

年齢が若く、これからの人生の為に感性を磨くという目的であれば悪い借金にはなりませんが、ただあまりにも無駄が多くぼんやりとしていて焦点が定まっていないので、借金を繰り返す負のループに巻き込まれるケースが多い借金の仕方です。

明確な目的や使用用途があり、それがこの先に繋がる、そしてその為に今お金が必要だとなれば、キャッシングローンは活用したほうがいいもので、借金が自分自身のレベルアップにもなります。借りたお金は最大限の努力をし続けて返さないといけませんし、もし仮に自己破産などの救済措置を利用するとしても、そのお金は誰かが納めた税金などからのものです。

今後の自分に繋がり、多少の息抜きに少しはい良いですが、単に楽しみの為にお金を借り続けないこと、そして借りたお金は最大限努力して返すこと、これらをできるのであればキャッシングローンはどんどん活用したほうが良いといえます。

本来はその為にできた制度です。まだ事業を起こしていないなら、社長になったつもりでキャッシングローンを利用するのは良い経験にもなります。

事業資金にも借りられるアイフル
https://www.aiful.co.jp/

-キャッシング

Copyright© キャッシングに詳しくなろう! , 2018 All Rights Reserved.